絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

目の下のクマが気になったので、ドラッグストアでつい、購入してしまった、資生堂のメイクコスメのブランド、「インテグレート グレイシィ」のコンシーラーを実際に使用してみようと思います!

コンシーラーは、クリームタイプと固形タイプがありますが、このインテグレートのコンシーラーは、固形のスティックタイプで、900円(税抜)と、なかなかのプチプラです♪

口コミではカバー力はある!というよりは、使いやすさとコスパに評価がありました。

アットコスメでは、口コミ数も多く、人気の美容コスメなのかな?という感じです。

■メーカー:資生堂
■買える場所:ドラッグストア/ネット
■商品価格:900円(税抜)
■容量:3g

以前にクリームタイプのコンシーラー使ったことがあるのですが、塗り重ねることが上手くできなかった覚えがあります。

コンシーラーは上手に使わないと、シミやクマを「隠した感」がでちゃいますよね・・・。

あんまり慣れていないのですが、ネットで入手した絶妙テクをマネして、40歳の目の下のクマを隠してみたいと思います♪

そもそもコンシーラーって何?選び方は?

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

コンシーラーとは、肌のシミ、そばかす、凹凸による影、目の下のくすみやクマなどを隠してくれる、メイクアップ・アイテムです。

コンシーラーには、クリームタイプと固形タイプがあり、ファンデーションだけでは隠しきれない部分に、スポット的に使用します。

隠したい部分に塗り馴染ませることで、肌色を均一にするメイクアップ術のひとつでもあります。

20代の頃はまったく気にならなかったのですが、アラサー、アラフォーになって、目の下のクマが気になりだした今が、まさに使い時ですね。

コンシーラーはいろいろな種類があるので、どれを選んだらいいか迷いますよね。

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

くすみを隠したいからと言って、無理に明るい色にするのではなく、まずは、自分の使っているファンデーションに合った色を見つけることが、選ぶポイントだそうです!

『資生堂インテグレート コンシーラー』の特長・成分は?

資生堂のオンラインオンラインショップ、「ワタシプラス」の商品情報では、このようなっていました。

する、シミ・ソバカス用コンシーラー
ひとぬりでシミ・ソバカスを自然にカバーします。ひとぬりで、ピタッとフィットし、紫外線をしっかりカットして、化粧もちもすぐれています。

紫外線防止効果:SPF26・PA>++
無香料
スティクタイプ

【成分】
オレフィンオリゴマー,シクロメチコン,水添ポリイソブテン,カオリン,パラフィン,ポリメチルシルセスキオキサン,ポリエチレン,セスキイソステアリン酸ソルビタン,カルナウバロウ,ヒアルロン酸Na,マイクロクリスタリンワックス,メチコン,ケイ酸(Na/Mg),グリセリン,トコフェロール,BHT,酸化チタン,マイカ,酸化鉄

引用:http://www.shiseido.co.jp/

しっかり紫外線防止の効果があるので、春からの紫外線が強くなる季節には、すごく便利かも!

目の下のクマ隠しだけじゃなく、日焼け防止にもなるので、普段使いしていきたいですね♪

『資生堂インテグレート コンシーラー』の使い方は?

使い方は次のようにありました。

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

1.約0.5cmほど繰り出してカバーしたい部分に直接つけます

*乳化タイプのファンデーションをお使いの場合はファンデーションの後、パウダリータイプのファンデーションをお使いの場合は、ファンデーションの前にお使いください。

2.指先を肌に対して垂直に軽くたたきながらフィットさせます。仕上がりの好みに合わせて数回繰り返します。つけていない肌との境目はていねいに指先でたたくようにぼかします。

3.細かい部分をカバーしたい場合は、チップやブラシでのせるようにつけます。

なるほど!乳液タイプ(クリームタイプも?)はファンデーションの後に使うのですね~!

目の下のクマ隠したい場合は、クリームファンデの後に、少し下に広めにつけて、まんべんなく塗りこんでクマをカバーすればいいんですね♪

【絶妙テク】目の下に赤い口紅+『資生堂インテグレート グレイシィ コンシーラー』で茶クマ隠し!

まずは、メイク前の目の下のクマの写真です。
↓↓↓

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

私の場合、シワの影による黒クマもありますが、色素沈着の茶クマの方が気になりますね・・・。

早速コンシーラーを使ってメイクをしていきましょう。

と、ここでポイントです!!

メイクのコツを調べていたときに、「赤い口紅を使う」という絶妙テクがあったんです!

なので、今回はその口紅テクを使って、コンシーラーを試してみますね♪

1)クマが気になる部分全体的に赤い口紅を思いっきり塗ります。(※乾燥防止のために、赤いグロスにしてみました)
↓↓↓

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

2)その上からコンシーラーをしっかり塗ります。
↓↓↓

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

3)クリームファンデーションを全体的に塗り、おしろいで仕上げます。

そして、こんな感じになりました!!
※アイメイクはまだしていない状態です。ファンデを塗っただけ。
↓↓↓

絶妙テク『資生堂インテグレート コンシーラー』を目の下のクマ隠しに使ってみました!

おお、これはいいですね!

まあまあクマが隠れましたね♪

スッキリ目元になったような気がします。

コンシーラーをしっかり使っているので、目の下のファンデのもったり感はありますが、乾燥さえしなければ、気にならないですね♪

ここまでしっかり目の下をカバーすれば、紫外線による日焼けの心配はありませんね!

『資生堂インテグレート グレイシィ コンシーラー』を実際に使用して、目の下のクマを隠してみた結果は?

「資生堂インテグレート グレイシィ コンシーラー」はすごく使いやすかったです!

やっぱりスティックタイプって、使いやすいですね。

硬すぎず、柔らかすぎずなので、私にはちょうど良かったです。

あと、ベースに赤いグロスを使ったせいか、乾燥は全く気にならないですね(むしろしっかり潤っています)。

コンシーラーの滑りも良かったです。

プチプラ価格でこの使いやすさなら、充分じゃないでしょうか!

赤い口紅をベースに使った効果はなかなかのものです。

スティックタイプなので、出先のメイク直しでも使えるのが便利ですね。

目の下は明るくなったので満足なんですが、クマが上手に隠せたかというと、色素沈着による茶クマは隠せたと思いますが、黒クマは隠せなかったです。

目の下の細かいシワ、いわゆる「ちりめんジワ」による黒クマです。

この目の下のシワやたるみは、コンシーラーで隠せるものではなく、根本のシワやたるみを改善しないとどうしようもない、ということがわかりました。

じゃあ、根本的に目の下のシワを改善するにはどうすればいいの?

目の下の肌の内側からハリを出せば、たるみが解消されシワが目立たなくなり、シワやたるみによる「影」が減ります。すると離れて見ると目の下が明るくなるんですね。

そこにコンシーラーを使って、目の下の茶色い部分を隠せばOK!

上手に目の下のクマを隠すコツは、コンシーラーだけ使うのじゃなくて、目の下のハリを出すスキンケア化粧品も一緒に使うことなんですね。

30代後半、40代、50代にもなればアンチエイジング化粧品を使いはじめている年齢。

そのアイテムは、目の下のシワやたるみをきっちり改善してくれていますか?

コンシーラーやアイメイクなんかは、意外とドラッグストア・コスメが便利なんですが、本当に目の下のシワたるみを改善して目立たなくするには、やっぱりドラッグストア・コスメではなかなか効果がないのが現実です…。

でも目の下のクマはコンシーラーで隠さないと疲れ顔に見えるし、見た目年齢がぐっと上がって老けてみえてしまいます…。

かといって高価なアンチエイジング化粧品を使い続けるのもキビシイです。

1ヶ月に1万円も2万円もかけるのは、私たちのお財布的に無理です(笑)

でも1~2ヶ月で6,000円くらいならなんとかなりそうですよね。アンチエイジング化粧品でも、このくらいなら無理なく続けられます。

目の下のシワたるみ改善のアンチエイジング化粧品といえばアイクリームですが、根本的に目の下の肌にハリを出そうと思うと…実は、美容液のほうが効果的なんです。

まあ、なぜそう言えるのか?というと、実際に自分で試してみて目の下のシワ改善を実感したからです。

もちろん、1万円2万円もする高価なアンチエイジング化粧品ではありませんよ♪

この美容液を使うと、コンシーラーもすごく使いやすくなりました!

☆信じられない効果を実感した美容液の顔写真レビューはこちら
↓↓↓
肌プルプルすぎ!?40代が「プラセンタファイン エクストレム」を目元に使った結果

【決定版】40代50代が本気でシワたるみを解消!目元美容液ランキング<2019最新>